彫り方





彫る前。

製図などでよく使われるらしいステッドラーのペンで印面に絵を書き写すとこんなです。

ペンのインクが乾いたら彫る。






この場合は黒く塗った内側の赤いところを彫りぬく。

半分彫った。あとちょっと。






彫れたよ。






彫れた感じわかります?






いい感じ。






試しに押す。完成? まだまだ。






押しては手直し。

手直しのたびに押す。番号はその順に変化してる。

カメラを引きすぎて違いが判らないや。

ここらへんで手を抜くと不満がいっぱい。






押してるとステッドラーのインクが落ちてく。

ここからは感覚で彫る。念力で。
念力はウソ。






やあ。こんなのどう。完成。






Before → After  比べるとナニカがわかる。

白いところを太くして余分ななところを削ってる。






ステッドラーのインクがきれいに落ちた。






きれい。

でもすぐに印泥使って押すので彫ったところに朱が入る。

だからこのまっさらなきれいさは僕しか知らない。




TOP